日本冶金工業健康保険組合

日本冶金工業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

健康診断

人間ドック・脳ドック利用補助

日本冶金工業健康保険組合に加入している方を対象に、人間ドック・脳ドック受診に際し補助金を支給しています。申込みの手順が下記にありますので、よくお読みになり、多くの皆さまが積極的に受診されますようご案内いたします。なお、被扶養者の節目年齢(40.45.50.55.60歳)の利用者負担金免除制度は、H28年度を以て廃止となりましたのでご注意願います。

  人間ドック 脳ドック
検査項目
(健診機関により若干異なります)
身体計測、血圧、心電図、眼、聴力、胃・胸部X線、腹部超音波、尿、血液、大腸、問診・診察
≪参考≫
検査項目表(こちらをご覧ください) 
頭部MRI・MRA
対象者 日本冶金工業健康保険組合に加入している方 40歳以上で
日本冶金工業健康保険組合に加入している方
補助回数 年度内(4月1日~3月31日)に1回 5年に1回
40・45・50・55・60歳※の方は、人間ドックと脳ドックの重複受診が可能
  • ※4月1日現在または年度内その年齢になる方
補助額 65,000円(税込)を限度とし、実費分を補助 50,000円(税込)を限度とし、実費分を補助
オプション 女性
  • 乳房視触診
  • 乳房X線(マンモグラフィ)
  • 乳房超音波(エコー)
  • 子宮頸部細胞診
男性
  • 前立腺腫瘍マーカー PSA
なし
上記以外のオプション費用及び補助限度額を超える費用は、全額自己負担となります。 オプション費用及び補助限度額を超える費用は、全額自己負担となります。
利用者負担金 日帰り 14,000円
一泊  20,000円
0円
受診月の翌月末(3月のみ当月中)までに健保へ届くよう会社の健保担当者へお支払ください。
任意継続にご加入中の方には請求書を送付しますので、現金書留または振込によりご送金ください。

【振込先】 みずほ銀行 本店 (普通) 0202813 日本冶金工業健康保険組合

健診結果 最寄りの健診機関(日本冶金健保契約機関・健保連契約機関 を除く)で受診された方は、健診結果の写しと、40歳以上の方は質問票(補助金支給申請書と同時に印刷されます)を提出してください。
注意事項
  • 補助は年度内(4月1日~3月31日)に一度、重複受診した際の費用は全額自己負担となります。
  • 人間ドックのオプションで頭部MRI・MRA検査を実施する場合も脳ドックとして取扱います。
  • 最寄りの健診機関で受診する際に健診コースが幾つかある時は、補助限度額に係らず、検査項目表に準じた基本的なコースを受診してください。
  • 胃部X線検査を内視鏡検査に変更した際の差額は、一部の健診機関を除き費用は自己負担となります。
  • 受診日の変更やキャンセルは、健診機関に連絡した後、事業所の健保担当者に必ずご連絡ください。
  • 受診日の10日前までに利用申込書が健保組合へ提出されていない場合、補助は受けられません。
  • ※各会社の健保ご担当者様
    人間ドックを定期健康診断に代用した場合は、1名につき10,000円を会社宛にご請求します。

がん郵送健診

無償/被保険者・被扶養配偶者の希望者

ページ先頭へ戻る